エディタ機能テスト

<あだち充>「タッチ」の26年後舞台に続編的新連載

「みゆき」「クロスゲーム」など多くの人気マンガを生み出してきたあだち充さんが、高校野球を題材にした不朽の名作マンガ「タッチ」の世界から26年後を舞台にした新連載を始めることが11日、明らかになった。

5月12日発売の「ゲッサン」(小学館)6月号からスタート予定

タイトルは「MIX(ミックス)」。「タッチ」の続編であるか、達也やヒロインの浅倉南らが登場するかも含めて、ファンの注目を集めそうだ。

4月12日発売のゲッサン5月号

連載予告が掲載され、「タッチ」主人公の上杉和也・達也兄弟の母校「明青学園」の前で、兄弟らしき子供2人がキャッチボールをしているイラストが描かれ、「待望の大型青春ストーリー」と銘打たれ、さらに「舞台は明青学園--上杉兄弟の伝説から26年、今、再び、運命の兄弟が明青学園の扉を開く。そして物語は始まる--」と書かれている。

連載予告が掲載され、「タッチ」主人公の上杉和也・達也兄弟の母校「明青学園」の前で、兄弟らしき子供2人がキャッチボールをしているイラストが描かれ、 「待望の大型青春ストーリー」と銘打たれ、さらに「舞台は明青学園--上杉兄弟の伝説から26年、今、再び、運命の兄弟が明青学園の扉を開く。そして物語 は始まる--」と書かれている。連載予告が掲載され、「タッチ」主人公の上杉和也・達也兄弟の母校「明青学園」の前で、兄弟らしき子供2人がキャッチボールをしているイラストが描かれ、 「待望の大型青春ストーリー」と銘打たれ、さらに「舞台は明青学園--上杉兄弟の伝説から26年、今、再び、運命の兄弟が明青学園の扉を開く。そして物語 は始まる--」と書かれている。